脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは何かをご存知でしょうか。

 

脊柱管狭窄症とは脊椎の神経を囲んでいる脊柱管という管があるのですが、その管が脊椎や黄色靱帯の変性肥大等により狭く圧迫されることにより様々な症状が出てくるというものです。

 

椎間板ヘルニアと並ぶ腰痛の二大疾病の一つと言われています。

 

しかし椎間板ヘルニアとは違い、年齢を重ねるとともにこの症状を訴える人が増えるのが特徴で、高齢者に多く見られます。

 

ただし、必ずしも高齢になってから発症するというものではなく、生まれつきに脊柱管が狭いという方もいて、そういった方の場合だと早ければ30代でも症状が現れることもあります。

 

脊柱管狭窄症とは狭窄が起きる場所によって名称や現れる症状も異なります。

 

  • 脊柱管の中心部で圧迫を受ける中心管狭窄
  • 脊柱管の外側で圧迫を受ける外側陥凹狭窄症、
  • 一本一本神経が出入りする場所である椎間孔が圧迫される椎間孔狭窄症

 

の3つがあります。

 

典型的な症状としては中心型の場合は歩行中に脚のしびれや痛みが広がり、歩いていられなくなります。

 

外側型や椎間孔型の場合は椎間板ヘルニアのような坐骨神経痛の症状が出ます。

 

また、どのタイプにおいても下肢のしびれや冷えを感じ、ひどくなると知覚障害や筋萎縮がみられます。

 

脊柱管狭窄症の術前術後のリハビリでお悩みの方は一度こちらをご覧ください。

下記のフォームにメールアドレスを登録いただくと
脊柱管狭窄症 あなたが治らない3つの理由無料動画をプレゼント!

 




 

 

手術をしない脊柱管狭窄症の治療法・改善方法をお伝えしている「なおろう脊柱管狭窄症ドットコム」のトップページはこちらはです。