脊柱管狭窄症のリハビリ

脊柱管狭窄症のリハビリの方法について

脊柱管狭窄症のリハビリの方法というのはいくつかの方法に分けることができます。

 

まずけん引や温熱療法による物理療法、腹筋や腰椎屈筋、ストレッチなどによる運動療法、そしてコルセットの使用などとなります。

 

脊柱管狭窄症のリハビリでは完治をするということは難しいですが、症状を軽くするということはできるのでそういった目的になります。

 

これらの中で日常生活の中でもできるリハビリというと、運動療法ということになりますね。

 

けん引やコルセットというのは医師のサポートなしではできませんから、日常生活の中で少しでも改善をしたいということなら日頃の生活で意識をすることが大事です。

 

一番良いとされるのはストレッチや体操をするということ。

 

患部を痛めることなく筋力を高めることができるストレッチを行うことで症状を改善します。

 

運動療法は腰回りの筋肉を鍛えることにもなるので、腰椎の安定性も増すことになります。

 

また、ストレッチや体操で柔軟性を取り戻すというのも非常に重要です。

 

ただし注意しなくてはいけないのは普段運動不足の人は無理に運動しようとすると、脊柱管狭窄症が余計に悪化してしまうという可能性がありますから、あくまで軽い運動から始めましょう。

 

脊柱管狭窄症の術前術後のリハビリでお悩みの方は一度こちらをご覧ください。