脊椎管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の手術をするという選択

脊柱管狭窄症の治療方法としては様々な方法があり、症状が軽いうちというのはリハビリをしたり、薬を用いた治療や注射、運動療法などで症状を和らげることも可能です。

 

しかし脊椎管狭窄症によって強い麻痺などといった神経障害があったり、歩行がままならないような歩行障害が続くようであれば手術をするという選択もあります。

 

脊椎管狭窄症の手術と一言で言っても症状によって手術の種類というのも異なってきます。

 

基本的には脊柱管が狭くなることで神経が圧迫されて痛みやしびれが生じているので、脊柱管を広げることで神経が圧迫される原因を取り除くという手術になります。

 

神経への圧迫を取り除くのが「除圧術」というものです。

 

また上下の椎骨を固定するのが脊柱固定術という方法になります。

 

この両方を同時に行われるという場合もあるようです。

 

また、体への負担が少ない内視鏡手術というのも今注目され始めています。

 

ただし手術をしたからといって脊柱管狭窄症が必ず完治するというわけではないことを理解しておかなくてはいけません。

 

特に症状が進行してしまってからでは完治する可能性が低くなってしまうため、できるだけ早いタイミングで手術をすることが大切になります。

 

脊柱管狭窄症の術前術後のリハビリでお悩みの方は一度こちらをご覧ください。