脊椎管狭窄症とみのもんた

脊椎管狭窄症とみのもんたさん

腰を痛めて病院へ行ったら脊柱管狭窄症と診断されるということがあります。

 

あまり腰の病気としては聞きなれない人もいるでしょうが、一時期タレントのみのもんたさんがこの脊椎管狭窄症を患ったということで話題になっていました。

 

この脊柱管狭窄症という病気は歩いていると腰や下肢にしびれや痛みが感じられ、少し歩くだけでやがて歩くことすらできなくなり、しばらく休むことでまた歩けるようになる、というような症状がでるものです。

 

非常に激しい痛みを伴うことも多いというこの病気ですが、そんな病気を抱えながらもみのもんたさんは毎日テレビに出演して仕事を勤めていたということなんですね。

 

しかしさすがに耐えられない限界にきたということで仕事を休み手術を受けたというのも有名です。

 

しかもすごいのが手術後わずか3日で退院をしたということですね。

 

同じ脊柱管狭窄症を患っている方はみのもんたさんの話が非常に参考になるかもしれませんね。

 

自信の著書である「それでも僕は立ち続ける」という本のなかでも、この病気との闘いなどの経験談もいろいろ書かれているのでぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 

また、みのもんたさんの手術をした国際医療福祉大学三田病院の福井先生というお医者さんも有名ですね。

 

脊柱管狭窄症の術前術後のリハビリでお悩みの方は一度こちらをご覧ください。