広範脊柱管狭窄症

広範脊柱管狭窄症について

脊椎管が狭窄して神経を圧迫して痛みや痺れなどが発症する病気として脊柱管狭窄症というものがあります。

 

この脊柱管狭窄症では腰への痛みがある腰部脊柱管狭窄症や、首の痛みのある頚部脊柱管狭窄症というものがあるのですが、頚椎や腰椎あるいは胸椎といった部分の中で二箇所以上に脊柱管狭窄症の症状が見られるものを広範脊柱管狭窄症といいます。

 

その名の通り広範囲の脊柱管狭窄症で生活に支障をきたすことも多く、症状がひどい場合は特定疾患の対象ともなります。

 

この広範脊柱管狭窄症の原因になるものは、ひとつには先天性のものがあります。

 

通常の脊柱管狭窄症と同様に生まれつき脊柱管が狭いというもので、遺伝によるものだとも言われます。

 

また、後天的なものとしては年齢を重ねることで椎間板や椎間関節の変性が伴い狭窄が起こると考えられています。

 

腰部脊柱管狭窄症や頚部脊柱管狭窄症と同様に体にしびれや痛みが生じたり、筋力低下や運動障害が生じるのと共に、間欠跛行や膀胱・直腸障害、歩行困難などといった症状がある場合には広範脊柱管狭窄症と診断されます。

 

この広範脊柱管狭窄症と診断された場合は特定疾患ということになるので、治療費の自己負担分の一部もしくは全額を公費で負担してもらうことができます。

 

脊柱管狭窄症の術前術後のリハビリでお悩みの方は一度こちらをご覧ください。