脊柱管狭窄症症の原因

脊椎管狭窄症の原因

脊椎管狭窄症というのは脊椎中枢神経の通り道となっている脊柱管という部分が、脊椎や黄色靱帯の肥大などによって圧迫され、痛みやしびれを感じるというものです。

 

この脊椎管狭窄症になる原因というのはどういったものがあるのでしょうか。

 

まず一つの原因として先天性の脊椎管狭窄症というものがあります。

 

生まれつきに脊柱管が狭いという方が、脊柱管が狭いままで成長してしまった場合に起こります。

 

またこの先天性の狭窄に関しては遺伝性があることが認められており、家族の方でなり易い人がいれば自分も注意をしたほうが良いということになりますね。

 

もちろん先天的でなく、後天的な原因による脊椎管狭窄症もあります。

 

特に多いのが腰椎すべり症によって脊柱管が狭くなったというもので、すべり症によって腰椎が前にすべってしまい、それに合わせて脊柱管も歪んでしまい、圧迫が生じるというものです。

 

また、日常生活の中での原因となるとやはり長時間同じ姿勢をしていた場合や、同じ動作を繰り返し行なっていた場合に起こりやすいということです。

 

事務の仕事やタクシーやトラックの運転手の方などでずっと椅子に座りっぱなしの状態だと、少しづつ腰に負担が蓄積されてしまいます。

 

脊柱管狭窄症の術前術後のリハビリでお悩みの方は一度こちらをご覧ください。