脊柱管狭窄症の治療方法

脊柱管狭窄症の治療方法について

脊柱管狭窄症の治療には様々な方法があるとされています。

 

薬を持ちいる方法や、コルセットを使って矯正する方法、けん引などのリハビリなど、他にも日常生活の改善や体操、鍼灸などでの改善もあります。

 

しかし症状が悪化した場合には手術をすることにもなります。

 

脊柱管狭窄症の症状が軽いうちは薬を用いてしびれや痛みといった症状を和らげることができます。

 

鎮痛剤や筋弛緩剤、あるいは血流を良くする薬を用いることで症状をやわらげます。

 

しかし薬物での治療には限界があり、症状が進むと効果が発揮されません。

 

注射による治療も同様に痛みを止める効果があります。

 

一般的に腕に打つ注射とは違い脊柱管狭窄症では神経やそのまわりへの局所麻酔やステロイド剤を注射します。

 

またこの注射にしても一時的な効果しか得ることができず、また注射自体がかなり痛いという欠点もあります。

 

コルセットを使った治療では、腰を伸ばす姿勢を取ることを制限して、神経への刺激を軽減し痛みを抑えます。
ただしコルセットを使用しすぎると筋力が低下してしまうデメリットもあります。

 

リハビリはけん引や腰痛体操が用いられますが、痛みの度合いなどによって異なるため、必ず医師に相談の上で行う必要があります。

 

脊柱管狭窄症の術前術後のリハビリでお悩みの方は一度こちらをご覧ください。